スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| | - | - | - |
 退治劇


 迦陵(かりょう)を描いてみました。本名は迦陵頻伽(かりょうびんが)だけど、ポニョとか迦陵とかいろいろ呼んでます。
 前回のイカリムシの治療日記からだいぶ時間が経ってしまいました。
続きです。
隔離水槽設備とお薬の用意ができたら、まずはイカリムシをピンセットで抜きましょう。
さらっと言いましたが、これ、初心者にはかなり勇気のいる行為です。。。
でも仕方ありません。
ネットには治療法として、まず引き抜きましょうと、書かれているのですから。。。
ただここで注意が必要なのは、目の近くやエラ、ヒレのすぐそばなど、デリケートな部分に食いついている場合などは、無理に抜くのはやめましょう。
目などはいっしょに取れてしまう( ヒィッ!)ことがあるそうです。

で、どうやって抜いたかというと、まず手を殺菌効果のある石鹸でよく洗ったあと金魚を網で掬い、
水の外に出さないように気をつけながら水面近くまで網ごと近づけ、ピンセットで抜きます。
ここでのポイントは、すべての作業を水中で行うということです。
家の二匹の場合、水中の網の中であればさほど暴れることなく抜かせてくれました。
なんだか、抜いてくれるのを待っているようにじっとしていましたよ☆
ただ抜くのにはコツがあって、一気に引っ張るではなく、ゆっくり慎重に抜きます。
勢いよく抜いてしまうと、イカリムシが途中で切れてしまい、残ったイカリムシはまた再生を始めてしまいます。
ですから、ゆっくり慎重に、確実に抜くことがポイントです。

一人でやるより、誰かに手伝ってもらうと思っているより簡単にできると思います。

で、薬浴すること二週間。
この間に1、2回、イカリムシが成体となって出てくることがあると思います。
これは、薬浴する前に体内に寄生したものが成体となって出てきたからです。
見つけたら即、抜いてください。
リフィッシュという薬は、成体と卵には効きません。
卵から孵って浮遊している幼体にのみ、殺虫効果があります。
ですが仮に成体が卵を産んだとしても、薬の効果で幼体は死滅し、成虫になることはありませんので
最後にイカリムシの成体を抜いた後2週間のうちにイカリムシの成体が出てこなければほぼ全滅したと考えていいと思います。
私の観察ですと、水温27℃以上の環境では、イカリムシが魚体に寄生し成体となって出てくるのに1週間もかからないはずです。

私の場合も、薬浴してのち1週間もしないうちに1度、藤原園花ちゃんと五十嵐洋一さんにイカリムシが出てきました。
二人合わせて6〜7匹引き抜いたでしょうか。
それ以来イカリムシは出てきませんでしたが、余裕を持って2週間の薬浴で治療を終了しました。

薬浴中のポイントは、とにかく水を汚さないことです。水換えはこまめに行いましょう。
また、薬浴中は絶食が基本ですが、この場合餌は最小限与えてください。イカリムシに血液を吸い取られている分、餌をあげないと体力が損なわれてしまします。

一般的な病気よりも多少手間がかかりますが、適切な治療をすれば他の病気よりも☆にしてしまう確立は低いと思います。


藤原園花ちゃんも五十嵐洋一さんも、今は完全に完治し、今日も元気に水槽を泳いでいますよ♪

最後に、水槽、ろ過装置は必ず消毒してからリセットしてください。
それから、底砂は完全に破棄してください。洗っても再発の可能性があるようです。

以上です。
もしイカリムシを発見してしまった方がいらっしゃったら、何かの参考になればと思います。


・・・五十嵐洋一さんのひとりごと・・・

「『え?これが金魚?』と言われました。」

| 21:31 | 金魚:[病気]イカリムシ | - | trackbacks(0) |
 退治開始
 前々回の続きになります。
藤原園花ちゃんに刺さっていた物体がイカリムシであるということが発覚。
知らず知らずのうちに、金魚二匹とイカリムシ一匹(とその子供無数)を一生懸命育てていたことになります。

藤原園花ちゃんの尻びれに一匹、五十嵐洋一さんの左胸びれに一匹。
この時点で、藤原園花ちゃんと共に我が家の水槽にイカリムシがやってきて5日ほど経っていました。

そもそも、イカリムシとは何ぞやということですが、イカリムシとは
体表にイカリ虫の幼虫が入ってからイカリ状の触手が魚体にくい込み
寄生することからその名がついたそうで、もとは節足動物の仲間です。
このときは夏場ということもあり、水温は27℃を超えていました。
この環境場合、成体は3週間で10〜15回産卵し、総数で4000個強の卵の90%が孵化。
はい、考えたくもないですね。
寿命は水温27度で 1.5ヶ月(固着寄生4週間)とあります。
卵は1.6日〜3.3日の間に孵化(メタノープリウス期)し、浮遊性(ナウプリウス期)になるのに3〜4日掛かります。

なんだか読んでいるとイカリムシ根絶までに相当時間がかかりそうな気がしてきますね。
私も当初は完治するまで1〜2ヶ月はかかるだとうと想定していました。

しかし、一般的な水槽内で発生した発見初期の場合
大体2週間程度で根絶可能だと思います。
ただし、水槽の完全消毒とリセットが必要になります。

その治療方法ですが、まず用意しなくてはならないのはお薬ですね。
それから毛抜きかピンセット
これはイカリムシの成体を抜くのに使います。
あと薬浴用の水槽、またはバケツでもかまいません。
私はいつも薬浴にはバケツを使用しています。
その時は、1リットル単位でメモリがついていてる、10リットル以上入るバケツがお薬の量を量るときに便利です。
あとはエアレーション装置エアストーン、それをつなぐチューブが必要になります。

まずお薬ですが、リフィッシュというお薬を使います。

このお薬の良いところは、イカリムシに食いつかれた傷から感染する
赤班病や穴あき病、松かさ病などの二次感染を防ぐ効果のあるお薬も入っているということです。

私の場合、イカリムシだと判明する前は赤班病を疑っていたため
偶然にもグリーンFゴールドという、二次感染の原因となるエロモナス菌に効くお薬で薬浴させていました。
結果、これらの病気に感染するリスクから遠ざけることができていたわけです

さてさて、やっかいなのはこのリフィッシュというお薬の分量。
パッケージを見てもおわかりいただけるかと思いますが
12トン用と書いてありますね。
12トンですよ?もはや水槽の粋を超えています。
多分、池用に売られているのかと思います。

ということで、説明書にある分量表示も、一番小さい単位で
「160リットルにつき添付さじ2分の1」とあります。
もやは10リットルバケツ単位で分量を量ることは無理です。
なので私の場合、まず付属のさじ(これがかなり小さい)一杯分を紙の上に置き
楊枝などを使ってこまめに分割していき、2リットルのペットボトルに
提示の分量より濃度の濃い水溶液を作りました。
さらにその水溶液を10リットル水槽に薄めて使用するという手段を取りました。
濃度の計算がめんどくさいです。理数系の方なら、一発だと思うのですが・・・
小学生の時に算数で勉強した食塩水の計算がこんなところで役立つとは・・・。


で、恐る恐る薬浴開始です。


イカリムシにやられつつも、元気いっぱいな藤原園花ちゃんと五十嵐洋一さん。

長くなってしまったので、今日はここまでにします。

実は薬浴の前に、やらなくてはいけない重要なことが1つあるのです。
それは、食い込んでいるイカリムシを引き抜くということです。

これは、また次回詳しくお話しようと思います。


つづく



・・・藤原園花ちゃんのひとりごと・・・

「園花、なにも悪くないもん!」

| 00:12 | 金魚:[病気]イカリムシ | - | trackbacks(0) |
 試練のはじまり
JUGEMテーマ:金魚
で、前回の続きです。

プロフィール 五十嵐洋一

こんな天使な笑顔の五十嵐洋一さんは

プロフィール 藤原園花

この小悪魔な藤原園花ちゃんに振り回されることとなるのでした。


一向になんだかわからない藤原園花ちゃんに刺さっている謎の物体。
色や形は水草の葉に似ているけれど、本当に水草だろうか?
引っ張ってみた感触は、しっかりと食い込んでいる感じだった。
体の組織の一部だと思ったけれど、どう見ても藤原園花ちゃんの薄い尾びれに
収まっていた大きさには見えない。

そんな折、五十嵐洋一さんにもある異変が現れたのです。
五十嵐洋一さんの左胸びれの下に、充血したニキビのようなものが。
立て続けの異常事態に、ショックを隠しきれない私。
これは、この水槽内で何かが起こっているに違いない。

自分でもなんとなく考えることを避けていたことが1つだけあった。
もしやアレということはないだろうか・・・?
でも、その可能性だけは避けたい。。。

しかし、獣医に診てもらえない金魚の治療は、自分であらゆる可能性を考察して
原因を見つけないといけない。

仕方ない。ネットでアレの可能性を調べてみるか・・・。


そこで私を待っていたのは、最も回避したい事実でした。


そう、藤原園花ちゃんに刺さっていた謎の物体は、
イカリムシという寄生虫だったのです!!! ヒィーッ!!

しかも、一度発生したら完全駆除は難しく、治療に一ヶ月はかかると書いてありました。

最悪だ・・・。ろくな知識もない私にいきなりこんな難題が・・・。

でも、藤原園花ちゃんを助けてあげられるのは私だけ。
母がプレゼントしてくれたときに、「大切に育ててあげてね」って約束した。
何より助けたい!
今できる限りのことはしてあげたい!!


こうして試練の日々が始まるのでした。


つづく


・・・藤原園花ちゃんのひとりごと・・・

「園花、今日は”咲ひかり”っていうごはん食べたのよっ


| 22:48 | 金魚:[病気]イカリムシ | - | trackbacks(0) |
 藤原園花ちゃん、やっかいものを連れてくる
JUGEMテーマ:金魚
  とにかく金魚を飼うのは小学生以来の初心者の私。
水槽が立ち上がるまでは2〜3日置きに水換えしておけばいいのかな?
そもそも水槽を立ち上げるってどうやるんだろう?そのまま放っておけば立ち上がるの?
など、ろくな知識もないままにお出迎えしてしまった私。

そんな超初心者の私に、いきなり難問の試練が待ち受けていようとは。。。

みなさん、この写真でおわかりになるでしょうか?
藤原園花ちゃんの尾びれに何か付いてますね?



拡大してみましょう。



なんでしょうこれ?

金魚初心者の私は、水草が刺さっているのだと思いました。
お店にいるとき、この水槽に入っているのと同じ水草をもぐもぐしていたんです。
「この子はこの水草が好きなのかな」と思い、金魚草も買ってきたんです。
お出迎えするとき、もともと何か刺さってるな〜とは思っていたのですが
水草で遊んでいるうちに刺さっちゃったのかな?と思ったんですね。
今から思うと、「そんなわけあるか!!」って感じですが・・・

それで、そのうち自然に抜けるだろうと思っていました。



3日たっても一向に抜ける気配なし。
「なんだか刺さってる部分の充血も増してきているようだし、
これは傷口からバイ菌が入ってしまったのでは・・・!?
ネットで調べてみて、赤斑病かもしれないと判断。

さっそくグリーンFゴールドで薬浴開始。

翌日には充血は少し引いてきたものの、刺さった水草に抜ける兆しなし。
「仕方ない・・・水草をこのままにしておくわけにもいくまい。
ええい!背に腹は変えられぬ!!
初心者の私からは決死の覚悟で、母に手伝ってもらいながら
指で抜いてみようと試みました。
これ、初心者にとっては本当に決死の覚悟です。

殺菌性のある石鹸でよく手を洗い、金魚を網の中にやさしく入れながら
水面に出さないように気をつけて指で抜いてみました。

が、抜けない!
なんか、実はこれ、体の組織の一部でこれ以上引っ張っちゃいけないって感じに抜けない!!

さぁどうする私・・・!?

そんな折、五十嵐洋一さんにもある異変が現れたのです・・・。


つづく


・・・五十嵐洋一さんのひとりごと・・・

「ぼく、どちらかというと貧乏くじ引くほうです。でも、引いたことに気づかないのが特技です。」



| 23:33 | 金魚:[病気]イカリムシ | - | trackbacks(0) |
| Log in | RSS1.0 | Atom0.3 | page top |
Graphic by Joujou, Template by Bambi
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.